スポンサードリンク




男の本音・男心 ブログランキングへ

ワンクリック、あなたのアクション
応援を、お願いします。


男らしい男への道 > 男らしくなる > 垣間見る男らしさ≪2≫

男らしくなる

垣間見る男らしさ≪2≫



男らしさとは


チョットした行動の、端々に見える。

垣間見る。

垣間見る男らしさは、カッコいい。



見せようとするのではない。

カッコつけてる訳でもない。

中から、自然に、にじみ出来る。



いつも話す事ではある。

が、基準の持ち方を、いつも肝に銘じて置く。


女性や、子供・老人と、

同じような基準に立たない。

これは絶対の事。

昔は、誰であろうとその心が内にありました。



しかし

いつ頃からかは、分からない。

なくなりつつあるのだ。


多分、、、昭和の終わりごろからだろう。

給料が、銀行振り込みになり・・・・

男の権威が、落ち始めたような気がする。


現金を持ちかえらない男。

昔は、、、

現金を持ちかえる親父の姿が見れた。



幼いころに見る。

そんな親父の姿は、カッコ良かった。

何しろ
母が、尊敬の念を払うシーンだ。

これは、子供の教育にも絶対に良い。




母のそんな姿を見て、子供も同じように

親父を尊敬するようになる。

この辺が今の男たちに、

男らしさと言うものを見失わせた。


そんな気がしてならない。



確かに、、、

給料振り込みは便利、便利である。

その便利すぎることが・・・


女性から、尊敬と言う心を消してしまった。

男らしさを消した、大きな原因は女性にもある。



しかし


そんな事は言っては居られない。

そんな時だからこそ、

男らしい男であらねばならない。


痩せ我慢だろうが、何だろうが・・・

女子供、老人と、

同じ基準で物事考えてはいけない。

これは、絶対に肝に銘じてほしい。

そこに、男らしさが備わってくる。



もう一つ、、、

常に身体を動かし鍛えて置く!

それが自然に出来た男に・・・


男らしさを、垣間見る。


<<垣間見る、男らしさ | 男らしい男への道トップへ | 男のダイエット>>

この記事へのコメント

  • 髪いち
  • 2014年06月10日 10:04
  • はじめまして、髪いちと申します
    人気ブログランキングの検索からお邪魔しています

    ブログで昭和の話題を見るのは久しぶりに感じます。
    阿久悠の作詞家の目を通しての発言を思い出しました
    「列車の窓が開かなくなってから詞の内容が変わった」
    確かこんな内容だったと思います。

    ふと、このセリフを思い出しました。
    また、お邪魔させてください。
  • isamihada
  • 2014年06月24日 17:01
  • 髪いちさん
    コメントありがとうございました。
    列車の窓が開かなくなってから
    詞の内容が変わった。

    確かに・・・鋭い。

    また遊びにお出で下さい。

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

応援クリック、励みになります。


男の本音・男心 ブログランキングへ




☆話が出来ない、対話が怖い☆

優しく、気が弱いばかりに
声が掛けられない。
そんなあなたへ

↓ ↓ ↓


城咲仁のモテる男養成講座
『今からモテにいくぞ!』完全セット


話す不安から解放される。

行動が悩みを消し、継続が自信を付ける。
苦しい、、、だから、行動を起こす。







Powered by Seesaa